医療事務作業補助としてホスピタルで働こう~データや診断書を作成~

医者

医師事務の手助けを

医師事務作業補助とは何か

医者と看護師

医師事務作業補助とは文字通り医療現場で事務作業をサポートし、医師の仕事を軽減する仕事です。言ってみれば医師の秘書のような役回りと考えておけばいいでしょう。 医師事務作業補助の主な仕事には診断書や紹介状など医療文章の作成を代行すること、電子カルテの入力、さらにはカンファレンスの準備や厚生労働省などへの報告データの作成など幅広いものがあります。病院によってその仕事内容は様々ですが、中にはかなり重要な仕事を任されている方も居ます。 日本ではまだまだなじみの薄い仕事ですが、アメリカやイギリスなどではその地位は確立しており、チーム医療に欠かせない存在です。日本でもその配置を進める動きがあり、医師事務作業補助の配置人数によって医療報酬の加算が認められるようになりましたので、今後はますます増員が図られていくことでしょう。 これからの医療はチームでこなす時代、そのチーム医療に欠かせない仕事として、有望な職種であると言えます。

密かに高まっている人気

医療系の事務職は他にもありますが、ここのところ医師事務作業補助の人気が高まっています。それは政府が配置を促進しているという背景からこれからのニーズが見込まれる仕事である、ということが基本にありますが、それだけではありません。 医師事務作業補助は目下のところ国家資格等はありません。なるために特別な経験や資格は必要とされず、どなたでもなることができます。もちろん民間資格は数種ありますが、通信教育等比較的学習がしやすい環境にあると言えます。他に仕事を持っている方、お子様のいる方など、様々な境遇の方が自分のペースに合わせて学習することができまます。 加えて医師事務作業補助として晴れて採用となった場合には、病院によってはかなり広範囲で重要な仕事の一端を担うことになるのです。最先端の医療の現場に立ち会っているという感動は、何にも勝るものではないでしょうか。 今後もこの仕事がどのように日本の医療現場で確立していくのか、目が離せません。

整体を学ぶなら

医者

ソフィア整体アカデミーは東京都豊島区に本拠地を持つ整体の専門学校であり、授業料が他の専門学校と比べて圧倒的に安価なのが魅力です。また、授業が21時まであるので、仕事と学校を両立しながら整体師を目指すことが出来ます。

手に職を付ける

勉強

数多くある東京の整体スクールの中から、開業するのか、就職をまず目指すのかも考慮して整体スクールを選ぶこともできます。どのような目的であっても、人の健康に役立つ事柄を身につけることができるので、整体スクール選びからしっかりと行い、楽しみながら学び、やりがいのある仕事を行えるようにしましょう。

技術を学校で学ぶ

勉強

整体師は男女年齢、学歴を問わずになることが出来ます。今は整体師の活躍の場が広がっていて、整体師として働くほかにもスポーツトレーナーなどいろいろな分野で活躍しているところです。